学会概要(Overview)

日本混合研究法学会について (About Us)

 複雑な現象をマクロレベルとミクロレベルの両方で調べる上で、混合研究法が注目されています。このアプローチを用いることで、個人の文脈に埋め込まれた、深くて多様な視点や経験を捉えつつ、現象の全体像も把握することができます。
 世界中の多くの研究者が、混合研究法の可能性を認識し、興味を持っています。また、日本だけでなく、アジア太平洋地域の混合研究法も急速に発展しています。そこで我々は、日本とアジア太平洋地域の研究者が新たな視点を共有・創出するための新しいコミュニティとして、JMMMR(Japan Society for Mixed Methods Research)を立ち上げました。
 多くの研究者や実践者がこの新しい方法論的な運動の一部となることは、非常に刺激的なことです。皆様が、MMIRAだけでなく、アジア太平洋地域で最初の混合研究法に関する学会であるJSMMRに参加し、ディシプリン、文化、および言語の境界を越えた思考を促す対話に参加していただけることを期待いたします。

    Mixed methods research is promising, as it allows us to investigate today’s complex phenomena at both macro- and micro- levels. With this approach, we are able to obtain a better overall picture of a phenomenon while maintaining an in-depth understanding of the context, and the diverse views and experiences of individuals embedded within that context. 
    More and more researchers all over the world are becoming aware of and interested in the potential of mixed methods research. We are also seeing a rapid rise in the number of mixed methods studies not only in Japan but also in the Asia-Pacific region. Because of these increases, we launched JMMMR (Japan Society of Mixed Methods Research) as a community to support the creation of new perspectives by researchers in Japan and the Asia-Pacific region.
    It is an exciting time for us as researchers and practitioners to be part of this methodological movement. We would like to invite everyone to get involved in JSMMR, the first mixed methods association in Asia-Pacific region, as well as the MMIRA. We hope this will lead to thought-provoking dialogues across disciplinary, cultural, and language borders! 

入会案内(Membership application)

会則(Bylaws)

学会組織構成(Organization) 

現在の役員(Current members of the board)

2017-2018年度 (2017年8月6日-)

・理事 (Board of Directors)
  • 尾島 俊之(理事長、浜松医科大学健康社会医学講座)
  • 亀井 智子(副理事長、聖路加国際大学看護学部)
  • 稲葉 光行(立命館大学政策科学部)
  • 井上 真智子(浜松医科大学地域家庭医療学講座)
  • 抱井 尚子(青山学院大学国際政治経済学部国際コミュニケーション学科)
  • 河村 洋子(静岡文化芸術大学文化政策学部)
  • 田島 千裕(学習院女子大学国際文化交流学部)
  • 成田 慶一(京都大学医学部附属病院臨床研究総合センター)
  • 野崎 真奈美(順天堂大学医療看護学部/大学院医療看護学研究科)
  • 八田 太一(京都大学iPS細胞研究所上廣倫理研究部門)
  • 福田 美和子(東京慈恵会医科大学医学部看護学科)
・監事 (Auditors)
  • いとう たけひこ(和光大学現代人間学部心理教育学科)
  • 内藤 哲雄(福島学院大学福祉学部)
・顧問 (Advisers)
  • 齋藤 清二(立命館大学総合心理学部)
  • 竹村 洋典(三重大学大学院医学系研究科臨床医学系講座家庭医療学分野)
・特任理事(Appointed Directors)
  • Pat Bazeley (MMIRA President, University of New South Wales)
  • Benjamin F. Crabtree (Rutgers Robert Wood Johnson Medical School)
  • John W. Creswell (MMIRA Founder, University of Michigan)
  • Michael D. Fetters (JMMR Co-editor, University of Michigan)
  • R. Burke Johnson (MMIRA Executive Director, University of South Alabama)

過去の役員(Current members of the board)