第6回日本混合研究法学会年次大会(JSMMR2020)


第6回日本混合研究法学会年次大会(JSMMR2020)
 混合研究法への展望 ~質と量を越えて~ 
http://www.jsmmr.org/jsmmr2020-banner.jpg
  開催日:2020年10月24日(土)・10月25日(日) オンライン開催
演題演題募集(延長):2020年8月11日 23時59分まで  一般演題募集要項

《一般演題募集期間延長のお知らせ
一般演題の募集期間を2020年8月11日(火) 日本時間23時59分まで延長」させていただきます。

 現在、医療、看護、教育などの実践研究の領域において、量的アプローチと質的アプローチのハイブリッドである混合研究法(Mixed Methods Research: MMR)が急速に普及し、研究事例が蓄積されてきています。そして近年は、2つのアプローチの統合を視覚的に表現する多様な技法が提案され、また質・量を補完することで個別アプローチの限界を越えるための展望についてより踏み込んだ議論が行われるようになってきました。
 このような背景から、今大会では「混合研究法への展望~質と量を越えて」をテーマとして、講演、パネルディスカッション、研究発表の場を設けます。
 混合研究法に関心を持つ多方面の方々のご参加をお待ちしております。


1.開催日

    2020年10月24日(土)10月25日(日) 

2.開催形式

Webによるオンライン開催

  • 講演/パネルディスカッション/口頭発表 → Zoom
  • ポスター発表/企業展示 → 参加登録者専用Webページ 
  • バーチャル懇親会 → Remo

3.一般演題募集 ← NEW(期間延長)

 (1)以下の一般演題募集要項に従って、発表抄録を作成・登録してください。

    • 上の要項をお読み頂いた後、そのページ中の「演題登録フォーム」から演題登録をお願いします。
    • 口頭発表ご希望の場合でもポスター発表とさせて頂く場合がございます。予めご了解をお願いします。

 (2)延長された演題募集期間は以下のとおりです。

2020年6月30日(火)〜 2020年8月11日(火) 日本時間 23時59分 ←期限が延長されました

4.プログラム概要(予定)
 ※大会までに内容の一部が変更になる可能性がございます。

<大会1日目・2020年10月24日(土)>
  • 9:00-9:20 開会式
  • 9:20~10:20 基調講演1(MMR出版記念講演1)
    • 司会・紹介:田島千裕(学習院女子大学/ミシガン大学)
    • 講演者:Michael D. Fetters (ミシガン大学)
    • 演題:”Activities for Designing, Implementing, and Publishing MMR Projects” (仮)
  • 10:3012:10 口頭発表セッション1(Zoomによる一般発表)
  • 13:20~14:20 基調講演2(MMR出版記念講演2) 
    • 司会・紹介:廣瀬眞理子(関西学院大学)
    • 講演者:John W. Creswell (ミシガン大学)
    • 演題:"A Concise Introduction to Mixed Methods"/"30 Skills for the Qualitative Researcher"(仮)
  • 14:30~16:40 MMRオープンフォーラム
    • テーマ:『混合研究法で質的・量的研究の「危うさ」を乗り越えられるか』
    • 企画・司会:抱井尚子(青山学院大学)
    • 話題提供1:石川慎一郎(神戸大学)
    • 話題提供2:グレッグ美鈴(神戸市看護大学)
        • <約10分休憩
    • パネルディスカッション:
      • パネリスト:石川慎一郎・グレッグ美鈴・成田慶一(京都大学)
  • 16:50~17:20 学会企画:キャシー・シャーマズ博士 追悼セッション←NEW
    • テーマ:『構成主義的グラウンデッド・セオリー・アプローチの挑戦』
    • 話題提供:グレゴリー・ハドリー(新潟大学)
    • 話題提供:稲葉光行(立命館大学)
    • 話題提供:抱井尚子(青山学院大学)
  • 17:3019:30 バーチャル懇親会
<大会二日目・2020年10月25日(日)>
  • 9:00~10:40 口頭発表セッション2(Zoomによる一般発表)
  • 11:00~12:00 招待講演 
    • 司会:稲葉光行(立命館大学)
    • 講演者:松田亮三(立命館大学)
    • 演題:『複数の研究法の同時活用―社会科学における展開と課題』
  • (12:20~13:20 学会総会@Zoom
  • 13:30~14:30 特別講演(仮)←NEW
    • 司会:大河原知嘉子(東京医科歯科大学)
    • 講演者:竹村洋典(東京医科歯科大学)
    • 演題:COVID-19とMMR:医療の現場から(仮)
  • 14:4015:40 特別パネル
    • 司会:亀井智子(聖路加国際大学) / 河村洋子(産業医科大学)
    • 講演者:尾島俊之(浜松医科大学)
    • テーマ:『With COVID-19とMMR:公衆衛生学的見地から(仮)』
  • 16:30頃 閉会式
 <大会1日目&2日目 ポスター発表/企業展示>
  • ポスター発表/企業展示は、参加登録者専用ページにて大会期間中アクセスできます。
5.参加費(予定)
  • 本大会(一般) 正会員 5,000円 非会員10,000円
  • 本大会(学生) 正会員 2,000円 非会員10,000円
  • オンライン懇親会 無料
6.参加者申し込み
  • 準備中 
7.参加者へのご案内
  • 準備中 
8.発表者へのご案内
  • 準備中
9.連絡先

日本混合研究法学会・第6回年次大会事務局

 Email: jsmmr2020 [at] gmail.com  ← [at] を @に置き換えてください


  
大会長
稲葉光行  (立命館大学政策科学部)
実行委員長
香曽我部琢 (宮城教育大学教育学部) 
実行委員 (※アルファベット順)
井上真智子 (浜松医科大学地域家庭医療学講座)
大河原知嘉子 (東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科)
抱井尚子  (青山学院大学国際政治経済学部国際コミュニケーション学科)
河村洋子  (産業医科大学産業保健学部)
亀井智子  (聖路加国際大学大学院看護学研究科)
田島千裕  (学習院女子大学国際文化交流学部)
八田太一  (京都大学 iPS 細胞研究所)
福田美和子 (東京慈恵会医科大学医学部看護学科)
成田慶一  (京都大学医学研究科)
野崎真奈美 (順天堂大学大学院医療看護学研究科)
事務局
福田美和子 (東京慈恵会医科大学医学部看護学科)
主催
日本混合研究法学会 (JSMMR)